itomanoma

7年半の会社員を辞め、31歳単独フリータイムの心の変化を記録します。暇(itoma)の間(ma)?

すべてがぴったりくるときのこと。

2017/9月某日

ふとね、青柳拓次ソロ名義KAMA AINAでの楽曲聞きたくなってyoutubeでいつものように家で曲を流す。

青柳拓次さんご本人の名前としては認識してなかったんだけど、なんかちょっと興味のあったLITTLECREATURESのメンバーだったとはじめてそこで知る笑

関連する曲が流れてだったか、キーワードで知ってだかで、その流れで児玉奈央の楽曲が流れてくる。そこで初めて聞いた「きみだけのマジックアワー」

聞いた瞬間に、聞いてる最中にも「わー!?涙!」みたいなかんじになっちゃって、

涙が出てくる出てくる。なんだこりゃの感じ。いてもたってもいられない。彼女の他の曲もいろいろ聞いてみるも、そんななるのはこの曲だけ。

とりあえず曲は買う笑

これやべー 教えなきゃ、教えなきゃ、なんだかいまとっても辛そうな知らないあのこにまず聞いて欲しいし。

つらそうでもないけどなんかわたしの身のまわりにも!

とにかくなんだか私だけで聞くんじゃなくてシェアしたい。

からの超ヘビロテ。歩きながら、出かけながら、聞く聞く聞く。

「マジックアワー」とは、夕日の落ちるたった10分くらいの

はっとするほど綺麗な空の、光の移り変わりが刻々と変わる瞬間のこと。

 

2017/9/23 秋分の日

昼と夜の時間が対等になる日。あの世とこの世がつながる日。

その時のマジックアワーだなんて超貴重だなー、

この日の夕日とともにこの曲を大事な人に送ろう、と思ったんだけど、

この日の夕日時間移動してて夕日取れなかったので見送った笑

(ちなみにその翌日のほうがめっちゃ夕焼け綺麗だった笑)

 f:id:hanamy:20171009235533j:image

2017/10/4

児玉奈央さんの情報にて、

2017/10/09に青柳拓次×児玉奈央でのライブがあると知る。しかもフリーライブ。

ビルボードとかでやってるお人たちが生で!超ちっちゃなとこで!フリーだよ〜

やる場所は後から知ったら有名な建築場所。

いくしかないでしょー!ととりあえず自分は行くのを決めて

一緒に共有したい!できそうな音楽好きな大事な人を誘う。

だけど反面、一人でじっくり聴きたいなあとも思っている自分もいる。

どっちも満たしたい...

けど絶対好きな人々はまあ急なのもあってことごとく予定合わず。

 

2017/10/9 12:20

16時半からのライブの整理券をお昼の12時過ぎから取りに行ったのだけど、

配布開始20分でもうなくなってた(ガーン!!!)

そこにいたスタッフのお兄さんに聞く。

「このフリーライブいきたくて今日ここきたんですけどもうだめですか?」

「整理券はないけど、とりあえずその時間に現地行ってみたら(いいことあるかも、ないかもよ。ニコ^^)」

 

一緒に行くことになってた、友人は結局仕事で来れず。

結局一人で堪能することになった。(整理券ないけどいけるかなあ?まあお兄さんいいって言ってたしいけるかなあ)

ライブまでの時間は1年以上ぶりの友人とお昼がてら過ごす。これをきっかけに連絡を取り、これをきっかけに顔を合わせ、ただ夕方からは予定があるとのことでライブを一緒に行くわけではない。

この日の池上線は全線無料開放してたのでやばいくらい混んでいたので、フリーとはいえ乗りたくないね〜笑と、昼の後ぷらぷら散歩する。

今日は秋晴れのとても日差しも風もとても気持ちいい気候で40分くらいぶらぶら散歩しながら友人は「こんな時間忘れてた〜!さんぽきもちいいね!」となんだか勝手に楽しんでくれてた。会ってよかった。

 

2017/10/9 16:10

会場に着く。整理券ない。けど立ち見で入れるもんだと思っててきちゃった。

(ネットに書いてあったの)

STAFF「はいれませんよ!」

「えっ!!!!!!(ガーン!!!!)」立ち見OKってネットに書いてあったのに!!!

一緒に来てくれた友人とはじゃあねとここでバイバイ。

STAFF「立ち見も整理券ある人限定で...でもここまで来てくれたなら、、とりあえず入り口入っていいよ。」

「わあありがとうございます!涙」

中に入って、また、

 

STAFF「整理券ないの!だめなんだよ〜」

「えっ!!!!!!(ガーン!!!!)」とりあえず中に入っていいよって言われたのに!!!

STAFF「うしろのうしろのずっと立ちで狭いスペースならいいですよ(小声)とりあえず中庭でお待ち下さい。」

「全然かまいません!(中庭でこもれ音くらいで聞けるのかなそれでも十分だわあ)」

 f:id:hanamy:20171010010858j:image

 

結果...

ステージ内で最初は最初立ち見で入れて、しかも立ってるほうが演奏者たちよく見えて素晴らしい場所で、第二部が始まった時にはいれてくれたSTAFFさんがわざわざ優しく声をかけてくださって「あっちの方まだ席空いてるから座っていいですよ^^」と。

なんか隣に座っていたひとも「席空いてるから座って?」と声をかけてくれたりもした。

 

 

ライブは素晴らしかったことにも加えて結局いろんな人の優しさにも触れられて素晴らしい時間でした。

一人で聞けた分、思う存分その時間と空間に身を委ねることもできました。

 ぽわんぽわんとろんとろん。

 

あのとき案内してくれた女性のSTAFFさん、本当に優しかった。

改めて感謝を伝えたかったのだけど、帰り際伝えられなかったのでここで謝辞を送りたいです。マニュアルだけではない、ひととひとのあたたかさと思いやりに包まれていた空間と時間でした。感謝。

 

そしてね、はじめて生の演奏を聴いた児玉奈央さん。

この曲をはじめて聴いたときに私はわーっと訳も分からないけど涙がいっぱい流れてきちゃう!ってのを体験して「なんでだろう?」とも思いながらすごく惹かれて迷わず楽曲を買い、この度ライブまで足を運ぶ流れまでなったのですが、

その彼女の今日のMC。

 

「たとえば夕日の落ちる瞬間が綺麗ではっと魅入られて、ときにわけもわからなくただ溢れるように涙が溢れてきちゃう瞬間ってありますよね、そんな気持ちでこの曲を作りました」

(ニュアンスがこの通りじゃなかったらごめんなさい)

と言っていたのが、わたしがはじめてこの曲にであったときの気持ちと全く一緒で、

そんな思いが、これを受け取ったときの私に、ダイレクトに届いて来ていたんだな、と思いました。

 

www.youtube.com

 

以上、とても、青い記事でした笑

たぶんこのときこの瞬間だけだったんだよなー。はたと聞き直すともはやあれいまはなんかちがうなあと感じる自分もいて、なぜか突き動かされてこうやってうごいてみたかんじ。

しかしこのときはじめて足を運んだ洗足池の空気はめちゃくちゃ良かった。