読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

itomanoma

7年半の会社員を辞め、31歳単独フリータイムの心の変化を記録します。暇(itoma)の間(ma)?

さてはて3カ月

18日。今日をもって一人暮らし三カ月がちょうど経ちました。

 

人間の細胞は三カ月で丸一新されるとか何だとかのことで、

新たな生活を始めて三カ月め、

今感じていることあれやこれやも一つ節目かなと思っています。

 

最近思うことあれこれ。

 

自分の基盤ベースに「不安」が乗っかった。

・なくなるお金、安定しない入金、そのバランス。

 

ノイズは取り払われた

・あれやこれやのノイズ、やつあたりのノイズ、しがらみのノイズ、コントロール欲のノイズ、自己卑下のノイズ。

 

作業場としての自宅

・簡素で寂しい

・「小屋」感

 

制限への耐性

・日々養われ中

 

もやもや

・パートナーシップに思う小さな小さなことの積み重ね

 

気づき

・人は「ないもの」の方が目に付きやすい

・実際にお金はかけなくてもいいのだけど「ラグジュアリーな気持ち」を味わいたい。

=「ラグジュアリーな気持ち」になれれば満足する。

・かわいくしたい、わたしは身だしなみも気分も自分で整えたい。

・腑に落とすと行動できる。落ちると勝手に行動してる。落ちないとやろうとしていることでもいつまでたっても行動できない。

・「ずっとありがたみを感じ続けられたらいいな」

・今当たり前になることの前に当たり前じゃなかったときのその過渡期に感じている新鮮な気持ちを心に具体的にきちんとメモしていたい。