読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

itomanoma

7年半の会社員を辞め、31歳単独フリータイムの心の変化を記録します。暇(itoma)の間(ma)?

気が立っている

珍しく(?)気が立っている。

しかも今ここに書こうと思うまで自分でも気づかないくらいに静かに、でもすごく気が立っている。

 

かなりの信頼の置ける関係性を構築していたと思っていた

その部分を「裏切られた」「ばかにしてる」

このような感覚が一番近いのかもしれない。

 

〇〇(私)なら騙せるだろう

〇〇(私)ならやり過ごせるだろう

〇〇(私)なら許してくれるだろう

言わずに通そう

のらりくらりかわそう

影でコソコソやっても気づかれまい

 

 

保身、保身、保身、

目の前の欲求、欲求、欲求

 

自分の身を守ることを第一優先に、

それはいい。誰だってそうだ。

だけど保身ばっかしている人は

保身を言い訳に行動する人は。

周りの人を傷つける。

特に身近な人な ”そもそも自分にとっても大事な人” こそ傷つける。

 

私の中では本当に早々めったにない、

ガラガラとシャッターが降りる音が聞こえる。

 

「利用」「うまみ」「馬鹿にする」「やりすごせる」

なめるなと思う。

 

「友達でしょ?」

おかしいだろう。

 

「お前も同じように大切なものを裏切れよ自分に許せよそしたら楽になるだろ気持ちもわかるだろ人間だもの弱い時だってあるだろ」

そんな声がふわりときこえる。勝手にしてろ。むかつく。