itomanoma

7年半の会社員を辞め、31歳単独フリータイムの心の変化を記録します。暇(itoma)の間(ma)?

お金と愛にまみれてる。自分が女性であることの価値の再確認。

こんばんわ!

最近調子の良い私です。

コミュニケーションが高まっています。

今年に入って1-3月頭までは本当に忙しく、

フリータイムなどと言ってられないほどの朝晩なくデザインに没頭する時間を費やしていた毎日でした。

ようやく終わり、この3月は、

毎日のように友達にあって、飲んで、話して。。。やはり人と会うと自分の周りの気がまわり巡りいい循環になっていく。ドヨドヨと溜まらないし、溜まらせない。

楽しい。嬉しい。会いたい人に会える。飲める。時間を忘れる。いい時間。

自分の考えの再確認、たくさん色んな発見がある。 

 

さて、私が会社員を辞めていろいろフリーな生活を送るにあたって決めていた事項が何点かあります。

・自分の好きな人に自分の時間を使うこと。(仕事もプライベートも)

・会いたい人に会う時間を優先させる。(合いそうにない関係には距離を保つ)

・やりたい仕事だけやる。(今のところ・日々調節中)

・目の前のことは一生懸命今自分が提供できるすべてを提供する。

・あとはその時の流れ次第でそのとき湧いてきた発想や流れに身を任せる。

 

これが結果的にとても良い循環を生んでいて、

最近はとても「自分の思うこと・自分の考えている思想・今希望としていること・私はこう思っている」

を素直に他者に伝える場面がとても増え、自分の求めているものに対する純度が高まってきました。

 

その内容はとても幅が広く、対友達、対上司、対お客さん、対恋愛的な何か、対新しく知り合った人、みたいのさまざまの中。

「なんだか人恋しい気分で今日1時間でもいいから一緒に飲みたいの」だったり、

「これだけの仕事をしたからこれだけの対価は欲しいです」だったり、

「あの人とても苦手だから今後付き合う機会はない」だったり、

「私はあの時こう思っててこうしたんだけどどうだった?」だったり、

「誘われたけど会いたくない人」だったり。

 

とにかく自分の中の純度をそのままきちんと外交的に表現する場が増えました。

そして、それをきちんと受け止めてコミュニケーションしてくれる人ばかり。

 

今は自分の「女性性」をとても意識して生活をしていて、もっと解放し大いに放出していこうとしている最中です。

 

今改めて書くとそんな近況なのだけど、

そんなのを意識してない普段通りに普通に生活していた時、

あんたは本当に素直、とても純粋、そのまんま、と言われる場面が思いがけず続き、(いいようにも悪いようにも取れるんだけど)ああ、きっとそれは私の誇れるいいところなんだと気付かされ。

自分の生き方はやはり自分に対して心底求めていることや好きなことの純度が限りなく近い潔い生き方をしていこう、

それが自分に対しての信頼だしやりたい生き方だと深く認識したのでした。

嘘に使う時間、見栄に使う時間、誰かを疑う時間、誰かを騙す時間、悪口や嫌なとこを意識する時間、そんなことに使う時間と暇はもう必要なくて。 

好きな人を信じる時間、愛する時間、誰かをサポートしたりその人の良いところを伝える時間、自分を癒す時間、休む時間、新しいことに興味を持つ時間。

それだけで満たしていくことにしか時間の使い方に興味がない。

 

私が私の希望を見据えて純度に一番深いところでの願いを叶え続けてあげること。

それは本当に「うわべじゃない希望」に近づけていくこと。

それを心がけて毎日行動と発言していたら、今とてもいい人間関係やコミュニケーションや、いい流れを作り出せている、気がする。

 

まずは自分。自分との接し方が全て。

最近また恋に落ちたかもしれなくてそれもまた改めて記事にできたらいいな笑

まあ正直それは恋なのかどうかわからないけど、

どんな関係性も私の行動の動機は何をするにも愛情が基盤です。

 

今回のタイトルは内容とリンクしてるかっていうとかなり抽象的なんだけど、ちょっと最近のキーワード。