itomanoma

7年半の会社員を辞め、31歳単独フリータイムの心の変化を記録します。暇(itoma)の間(ma)?

私の中にあるquiet、quiet、quiet

嫌いな自分に会うことは不快である。

不快でもあるし、イライラする。

イライラして発する言葉は相手も自分も傷つけるし、悲しくなる。

そこに最たる部分に存在するのが自分の母であり、なかなかわかりあうことはない。

愛しているほど、切り離せない存在がゆえに、思いは強く、悲しくなる。

 

反対して、好きな人は同時に好きな自分に会わせてくれる。

自分も知らなかったくらい無邪気になったり、遊んだり、イタズラをしたり、子供に戻ったり。

 

心を思う存分に解き放つ瞬間が、この人のおかげでできている、という瞬間はどんな宝物よりも尊い。

好きな人は同時に好きな自分にも会わせてくれる。

 

 

すごくすごく好きな曲を。

 

www.youtube.com