itomanoma

7年半の会社員を辞め、31歳単独フリータイムの心の変化を記録します。暇(itoma)の間(ma)?

fatima

もう9年?くらいもグラフィックデザイナーとして生きてきているんだけど、未だに「グラフィックデザイナーです」と自分を自己紹介する部分に違和感となんかしら気恥ずかしさを感じている。

世間的にはプロなんだけどね。

そのフリーランス生活ぶりを羨ましがられることもある。

そんな選択ができていいね、とか。

でもだいたいみんなそのあとにこう言う。

「いいね、でもわたしにはできないな。」

そういうんならできないし、するつもりもないのがその人の希望というか一番の道なんだろうな、って私は思う。いいなは社交辞令かな?笑

 

自分からしてみたら、嫉妬されることなんて何もないし、あなたの方がとってもたくさんのもの持っているのに。と、よく思う。

 

何かどこかで自分の心が一番求めてる部分に、いつも「今」が

一番近いとこにいるのは間違いないのだけど、まだしっくりきていない。

ある意味ビジネス的部分でとてもがんばっている部分で、それはつまりがんばらなくては自分を保てない部分でもあり、わたしが全身全霊肩の力を全部抜いてやりたいことなのかといったら多分ぴったりしてるやりたいこととは実はちょっとずつずれてる。

 

本当に何か心が求めることができるとしたらたら今は何がしたいかな?

って例えば聞かれたら、

私はなんかしらの創作活動のなにかのうちの作家みたいな生活を営みたい。

それはこう生活しなきゃいけないから何かをしなきゃいけないとかの発想からではなく、なんかしらの自然と沸き起こってしまった!!みたいな欲求から生まれる何かなのは確かなんだけど、その作家活動が具体的にはなんなのかは今のわたしはまだ知らない。

 

金継ぎ、木工、染色、絵画、ガラス細工もきになる。

そういった目に見えてわかる創作活動でももしかしたらなくて、

例えば子育て、料理、生活、思想、

とかなのかもしれない。もしかしたら文章を綴ることかも?

 

一人で出かけるところはもう知り切った場所でもわたしは一人旅をしているように出かける。

もう知りすぎて知りすぎた場所にもそこには日々新しい出会いも新しいコミュニケーションも新しい発見もある。昨日咲いてなかった花が咲いてる。店員さんが今日は不機嫌そう。今日はちょっとなんかいいことあったみたい。あ、今日はわたしが不機嫌だからしゃべりかけないでゴメンネ。もある。

 

現実世界ではわたしの行動範囲や生きてる世界はとても狭いんだけど、とてもわたしの中にある世界はとても豊かだ。

それは割と誰にも負けないくらいの認識はある。もう、海のように広い。

 

でも同じくらい毎日、まだ「鳥籠の中の鳥みたいだ」とも感じている。

 

自分が経済的にも愛情的にも、人間関係的にも、創造欲求的にも、経験的にももう全て満腹でもうこれ以上はないんだよお腹いっぱいだよもう!という状況になったらわたしは一体なにを求めるんだろうか?ということにときおり思いを巡らす。

 

そのときのわたしの今の答えはたただひとつで、

「祈る」

だった。

 

 

大好きな人たちが大好きな道をみんな一人ずつ歩めて行けますように。

ただあなた唯一のその一つの道を自分しかわからないだろう充実感持って進めますように。

それをわたしは信じて愛情持って、わたしが何か手伝えることは何一つなくても(手伝えることがあれば多分もうやってるんだけど^^)きっといい道だからそこを行けると忍耐強く信じて見守れますように。

その人たちの未来の心配や不安などわたしは全く考えず素敵な期待と希望だけを想像して応援できますように。

 

そして、そんな希望をああ本当にそういえば忘れていたけどそうだった、と愛すべき自分に対しても期待して次の一歩を考えてみるのです。

愛すべき人たちのことを愛するように自分も大切にしていかなきゃね、と本当にときおり思い出したかのように思い出す笑

 

そんな毎日。

f:id:hanamy:20161101225257j:plain

f:id:hanamy:20161101225314j:plain

f:id:hanamy:20161101225330j:plain

f:id:hanamy:20161101225349j:plain

 

f:id:hanamy:20161101225545j:plain

f:id:hanamy:20161101225419j:plain

今日はもうつかれちゃってつかれちゃって。

つかれちゃってつかれちゃって。

 

お金のこと、今の仕事のこと、次の一手のこと、親のこと、引っ越しのこと、引っ越しにかわるとあるアイデアのこと、自分的未来と生産性はないけど来る誘惑のこと、あと自分を律するエネルギー、そして自分が自分にとっても純粋で確固たる信じることがあるのだけどそれに対してもいつの間にかエネルギー使いすぎちゃってたよね疲れのこと。

 

全然わたし大丈夫なのは大丈夫なんだけど、

ついつい大丈夫ぶっちゃうとこ。

 

はー、つかれた!!

わたし今めっちゃつかれてますのよ!

ってたまにそのまま表現しちゃうー。

 

大先輩にも「〇〇はすぐつかれるからなー!」って言われたのだけど、そうなのー。しかもドンびかれるほどに一通り自分のやることやったあとには魂ぬけた抜け殻のように「つかれ」を先輩を目前に失礼もありながらそのまま表現しちゃう。もう何かを取り繕う余裕なんもないの。

椅子に崩れ落ちながら歯を磨きながらもごもごやりながら「すげーなその姿勢よ」と。言われながら、「はひ〜すんません。。もごもご」と。

それがわたしのキャパ。

(多分一般的女性から見たら思想のキャパはおっきいほうではあるのだけど。体力的には男性からしたら相当ミクロかも。)

 

なんか最近は考えることが常に常に頭ではりめぐらせてて、

知らないうちにすごいつかれてたー!

 

純粋な笑いが足りてないのかも、の前に、遊びに行きたいと思える気力とお金の余裕がたりてなかったかも。

 

マッサージしてちょっとしたことして、全く何にも考えない時間もつくって。(っても考えちゃうんだけど!あ、これ次のヒント!あ、この仕事わたしより誰々の方が適任そうだからまかせてみたらどうかな!とか。)

 

でもそんな中で今日は今日しかできないことと時間を過ごすことができ、マッサージしてて浮かんだアイデアなどもいい発見もたくさんあったー^^

のでした。

 

ぷひー。

 

今いいアイデアもいっぱい湧いて出てきてるんだけど、つかれちゃってるからひとつひとつの実行はゆっくりめになってる。でも多分それも全部いいことなんでしょう。

いっこいっこいっぽいっぽ〜。

わたしのお気に入りのものたち(いろいろなんだかリピート編)

f:id:hanamy:20161029004123j:plain

 

 

お気に入りのものでも急に壊れちゃったりたまに落っことしちゃったりなくしちゃったりする。

この間長年使ってたipod classicが壊れた(寿命らしい)

もう結構前から生産廃盤してて廃盤前に2台目をかけこみで買いに行ったipodちゃん。

(1台目は飼い猫におしっこされて壊れた)

ipod cllasicだけでも8000曲くらい入るというのに聞いたら今やiphoneipod touchのほうが容量がでかいという驚愕ぶり。

でもやっぱり私には音楽聴くだけでそれ以外の余計な機能いらなくて8000曲も入れば十分すぎるほどで、これのタイプが好きだから3万強かけて3台目を交換するか考え中。

 

好きで買ったピアスもたまに知らないうちに落っこっちゃって、

買うかどうか迷ってやっぱり好きだから同じの買って

だから耳は二つしかないのに3つ同じのがあるピアスたち。

3つ同じの。つけきれないのに。3つあるのがぶさいくでなんかかわいい。

しかもこのビジューのやつは合わせる服が少ないから案外出番ない。

 

指輪は、素材の割に高かった。ブランドデザイン分だね。

この10金とトルコ石とちいちゃなダイヤくらいだったら多分半額くらいで手に入ると思うけど。

しかも2週間もしないで石が取れた。

あとわりと高級な店なのに接客が超愛がなかった。

サイズ直しも人の手でしてるはずだから「ちょっとこうして欲しいのをなんとか職人さんにお伝えできませんか?」が、確認もせず「できません」と言われた。

けど結果、できた。その先にいた職人さんよありがとう。

おかげでスルリと私の指からちゃんと抜けないでいてくれる。

ちょこちょこっとの嫌な気分もかさなったけど、けど、なんかこの半分のトルコ石の感じがアンバランスでとても惹かれて買った。

石はすぐ直してもらって、やっぱりなんかお気に入りだから身に付けたいときにだけ身につける。お風呂はいるときと寝るときははずす。

 

ダイヤのネックレスも30になったときに超シンプルなやつがほしくて買った。けどあんまり身につけてない。大きさじゃなくて、すごいいっぱい見た中で、一番自分がときめいて品があるなと感じたやつを買った。石はとってもちっちゃいけど、そんくらいのスタートの方が今の自分に合ってるって思ってもっと安くて大きい石のもたくさんあったけど、そっちはやめて選んで買った。ダイヤの世界は案外奥深くて、見れば見るほど世界が面白くてこれも一個の出会いだった。

なんであんまりしてないかっていうと、銀色系のピアスを持ってないことにあとから気づいた。銀色のネックレスとゴールド系のピアスは合わない。

 

ダイヤとタメはるくらいの一番高額な買い物(っていう言い方はいやだけど)はねこちゃん。それもずっと永遠のわたしの一番。

 

香水はちょびちょびつけるからかなり前に買ったものがなかなか減らない。

唯一2本も使い切ったDiorのジャドールが一番好きなんだけど最近は手にしてなかったな〜。

香水は旅行のときに空港で買うのが好き。

FIJIいったときに買ったDiorのMiss Diorは綿菓子みたいなにおいがしてすき。

専門学校卒業したときにせいこちゃんからもらったAngelHeartもまだまだ残ってる。

こんなに長いこと持ってるといろいろ成分も変わってそうだけど、やっぱりちょこちょこっと気分でつける。

あと、ドレッサーのミラーをたまに香水吹きかけて拭く。

アルコールだから、掃除といい香りが一緒になってなかなかいい。

 

お店で紙の匂いスプレーするやつ、試して好きな匂いだったら、

その紙を財布のお札いれるとこにいれる。

財布とお金がふぁっといい匂いになる。

 

ハートのネックレスも、1個目は母に買ってもらったのだったけど、

肌身はなさず身につけてたのにマッサージ行ったタイミングかどこかで神隠しにあっちゃって、その後自分で同じの買った。このネックレスは本当に好きで落ち着く。

 

ひいばあちゃんから受け継いだダイヤのネックレスも、

知らないうちになくなっちゃったことがあって(自分で買ったやつよりも全然大きくてかわいらしいかんじだったのに!!)

このときは本当に凹んで凹んで、他のものなくしたときもそうだったけど

本当に探して探して。友達んちまでも探してもでてこなくて。

ひいおばあちゃんにもとても申し訳なくて、もらった母にもとても切り出しにくかったけど、母に「とても悲しいんだけどすごい探したんだけどなくなっちゃったの」って打ち明けた時があった。

普段論理の全く通らないくらいのものすごい感情的な母だけど、そのときは全く怒られることはなくびっくりした。

 

「なくなるときはなくなるんだよ気にするな。石はお守りだからね大丈夫あんたが大丈夫なら」みたいなことを言われた。

 

昔々NYで買ったHERSEYSの茶色い大きなマグカップ、最近手が滑って落っことして取っ手がスパーン!!!と綺麗に割れて取れて、すぐに瞬間接着剤で直したんだけど、

金継ぎすればよかったなぁーーと今でも強く思う。

茶色にゴールドめちゃくちゃ合うし、割れた部分がもっときっと綺麗になってより一層お気に入りになっていたことだろう。

 

何かつぎ陶器のものが壊れてしまうことがもしあったら金継ぎ自分でしてみたいなー。

 

 最近電化製品がほんとよく壊れるので、一回中身全取っ替え手術しているデスクトップのMacちゃんよお願いだから壊れないでおくれ。

2009lateもうかなり寿命すぎながら頑張ってくれている。

最近のMac使うと画面の解像度が全然違いすぎてこちらも驚愕する。ドットが見えない。。

 

なんだかそんなことをいろいろふと思い返した。雑記。

 

凧みたいだね。

「◯◯ちゃん(←わたしの名前)、生き方が凧みたいだね。ふわふわしているようでちゃんと選んでいるんだね」

 

っていうのと、

 

わたしが会社を辞めた後たまたまのご縁がいろいろ舞い込んできて、今もなお尊敬する2人の先輩のお仕事に携わっていることを話して言われた

「よかったね。でもさもしかしたらそれって◯◯ちゃんが引き寄せたのかもね」

 

 

もう1カ月も前に言われた言葉だけど未だにリフレインする。ハッとする言葉、気づくこと。

同じように多分わたしも最近出会ういろいろな人々に。

相手にいっぱい投げかけてる。

「ああ今話していて気づいたんだけど!」

「それはするどい質問だね。そういわれてみれば。」

「今言われて見てわかった!自分でも気づいてなかったんだけどこうだったんだ。」

1対1で自分と誰かと話している時、そんなことばを最近よく言われる。

 

ここの1カ月は本当にいろんなことをしていて。

意識すると長くて。

けど毎日新しい発見があって。

ちょっと前の自分がまるで知らない別の人のよう。

 

更新していくスピードがはやくて、とまどうこともあるけど。変化を受け入れて受け入れて。怖がらずに変わって行こう。

 

と思ってる。

 

最近本当に不思議なことがたくさんおこる。

全部全部ふしぎすぎるようなことなのに、

あ、これ知ってる。あ、わたしそうなるってわかってた!ってどこかで思ってて、周りからしたら驚かれたりあんたあほかいな!心配だよ!とかの反応ばかりなんだけど、自分はすごい「そうなの!わたし多分こうなるって知ってたの!」ってニッコリどっしりしてる。

 

でも改めて客観視してみると超ドラマティックな話ばかり。

 

あとね、たまに、自分でも改めて思い返すと、これはわたしだったのかしら!?みたいな能動的な行動力に突き動かされて行動したり発言がとまらなかったりすることがあって、ほんとに何かがわたしに乗り移っているよう笑

 

あなたの気づきはここよ。って誰かに促すためのことみたいなことだったり、勢いづけてやっからとりあえずこれやっとけや!みたいな。

 

なんかに動かされてる自分みたいなのがいる笑

 

でもなんだかどこかでそれも普通だとおもってる。

 

わたしが好きな人々はわたしがわたしのことをどんなに取り繕っても見透かしているしわたしも少なからず見透かしてる目を持ってる。

嘘ついてる人、嘘ついてることに無自覚な人。自分の本心わかってない人。ほんとに多い。

まっさらな目で見てると全部なんとなくわかる。

 

あのときああしてこうした行動。

小さなときからの経験もふくめてそれが全部こわいくらいにいろんなことに繋がってる。今この素晴らしい瞬間のためにわたしの今までがあったんじゃないかって思うくらい、ピタッとした瞬間がたまにある。し、増えてきてる。

 

すごい。

 

あ、でもお酒だけには気をつける😞

 

f:id:hanamy:20161101231131j:plain

心配しないで

心を通わす何かはことばにできません。

 

わたしの身の回りにいてくれる人々は、みんなやさしい。

 

私はすぐ心配されます。

 

傷ついてボロボロなときの姿もそのとき誰かに多分いつもどこかに見せていた。

 

一緒にいなくてもずっと見ていてくれた人もいたし、

一緒にいて目の当たりにしたからこそ心配してくれる人たちもいます。

 

桔梗が綺麗に咲きました。

宿根という言葉を知りました。

 

どんなときでも大丈夫だから愛する人々よ、心配しないでほしい。まだまだ失敗もするけどようやくここまできたんだよ、と。

 

これからもきっとわたしは私の身近な人々が教えてくれたように

泣きながらも笑えるし、

怖いほどの幸せをちゃんと受け止める勇気をちょっとずつちょっとずつひろげていって。

私が私の幸せをかみしめることが

私の周りのいる人たちの幸せにつながることを信じている。

 

みんなに安心してもらいたい。

心配してくれる人たちにも心から感謝している。

そんな自分の気持ちは、わかってくれていると思っていてもちゃんとことばにして伝えようと思ってる。

そして同じくらい今身の回りにいる人たちをわたし自身が信頼していきたいです。

 

f:id:hanamy:20161002215238j:plain

最近のあれこれ

1.家の鍵がなくなった

 

毎日肌身離さず持ち歩いている家の鍵。お気に入りの革のカバーと自転車の鍵付き。気付いたらなくて困りました。ないのは悲しくてイラだったけど、なんかなくなったのには意味があるのかなぁ?気付いたら戻ってくるのかなぁ?なんて考えながら私は北海道旅行に。

なんとなーく今のタイミングで鍵がなくなったこのことは、「もうこの古い家は十分よ〜はやく出なさいよ〜」っていう意味だと思いました。

1週間くらいなかったのかな?ありえないところから戻ってきました。

私の鍵ちゃんは、弟のバッグの中に知らない間に入って静岡に行って帰ってきました。 というわけで今年中には家を出ます。

もしくは、浜松の祖母との同居生活、短くて1ヶ月からどんなもんか。

やっぱり実行してみようと思います。

いつか死んじゃうから。生きているうちの私ができる祖母との思い出作りね。

やっぱり気付いたらちゃんと私の手元に戻ってきてくれました。

 

 

2.北海道にいった

 

友人を訪ねて北海道に行きました。計8人での素晴らしい旅。

夜は火を焚いて流れる星を見て。しかもわたしが日々こんなところで生活してみたいなと思っていたタイニーハウスに泊まれるなんて。予期せぬところで実体験できました。

そして和気藹々の珍道中。みんなで行けるからこその醍醐味。

北海道は湿度がなくカラッとしていて、光の差し方も東京とはまるで違う。

色が澄んで見える。南国の色彩が太陽が強く鮮やかなのは想像しやすいけど、

北海道の光の差し方は南国とは違ったとてもきれいな鮮やかさだった。

青い緑、澄んだ空気、情緒的な空の表情。下に重めにかかる雲。

街では白く消えていくような光。夜景の光はだいだい色。

どこかに行くの、わたしにとってはその土地の光の中に身を置き空気が吸えただけでひとつもう大成功な旅です。

プラス、友達と一緒に楽しめて一緒だからこそいろいろできることを体験するなんてなんて素晴らしいこと。

行きたかったモエレ沼公園も実際に足を運んでみて大好きになりました。

 

そうそう、最近気づいたことの一つなのですが、私にとっての旅は「わたしのお気に入りの場所をみつけること。増やすこと」なんだと思いました。

だからお気に入りの場所を見つけたら再訪したくなるし、次はあの子にこれを見せてあげたい!とかあの子と一緒にここを楽しみたい!ってなります。

自分の中での宝物がここにあるから一緒に遊ぼうよ!!って感じ。

だから新しい場所も気になるところには行くけど新しいだけじゃなくていいんです。友人に「なんでまた(一回行ったことのある)与論島に行きたいの?」って質問されて気付いた。

 

 

3.外国人にナンパされた

 

毎日行くくらいの近くのファミマでナンパされた。すっぴんでお酒買いに行ったタイミングだったのでこちらとしては知り合いにも会いたくないくらいだったのに。。

外国人って一歩外に出ると「普通に出会いの場」として声かけてくるからおもしろい。声のかけ方が普通すぎるんだよね。

まあ「外国人」って大きすぎるくくりではくくれないんだけど。 

多分アメリカかなーカナダかなーみたいな人でした。

一言二言交わした後、超ダイレクトに「マッサージは好き?これからボクンチでマッサージしない?(英語)」とか言われたから「ノーノー!」って言って去って行ってくれたけど。

最初の見た目はジェントルだったけど下心丸出し変態野郎だな。

ストレートすぎてびびるわ。

スペインでもママと一緒だってのに「oh you are beautiful!」みたいにとあるご飯屋さんの店員さんも話しかけてくれた。母親が一緒の場所でそんなことサラっと言えちゃうのが本当に面白い。でも言われた方はお世辞でも下心満載でもやっぱりそのときイイ気分になるもんである。つたない英語でちょっとした会話のきっかけにもなるし。でもやっぱり自分の身は自分で守らないといけないからなんだか危険な場所には冒険したくてもやっぱり自分で自分を守れなさそうだと思うとこには行っちゃいけない。

(日常でもそんなことあるんだから!w)

 

とにかく危険感はさしおいて、外国人の外でたら気になったら声かけちゃってる感、は割と面白い。日本人にはあまりない。日本人のナンパはなんか不自然。英語フィルターがかかってるのかな?偏見かな?

あ、で、何が言いたいかっていうとストレートなお誘いの前にちょっとした会話で「まゆげもないすっぴんだから恥ずかしいよ」って言ったら「so! natural! good!(そう!ナチュラルな感じが超イイよ!!見て!僕もノーメイクだよ!(最後のは別にいらないアメリカンジョーク...)」とかって言われたのが

まあなんとなくありがとね、と受け取っておこうっと思った部分だったので、メイクもやっぱりナチュラルで行こうかな。

 ありがとうマット。

家にはいかないよ。

 

 

4.先輩事務所と前の会社へいった

 

仕事で。前の会社やめてからもう一年以上も経っているというのに、「まだ席あるよ〜いつ戻ってくるの^^」なんて、行けるいけない社交辞令やリップサービスも別として言ってくれることがありがたい。

会社着く前と会社に行ってから5人くらいの懐かしい顔ぶれに遭遇したんだけど、なんかみんながみんな「えっ!!なぜここに!!わあぁー会えて嬉しい!!」みたいな反応してくれてこっちまで嬉しくなった。

「会えてなんか知らないけどラッキー!」みたいな存在、超イイな笑

これは相手の表情でわかったからわたしの感覚は嘘じゃないと思う笑

 

 

5.隠岐の島と和歌山那智の滝与論島にいきたいと改めて思った

 

北海道に行って、やっぱり大きく移動するとまたどこかに行くハードルは下がり、行くだけで意味があるんだと改めて思う。

そこでやっぱり今気になるところはここらへん。女友達との旅計画はちょっと頓挫しちゃったけど、今年中にどこかいきたいな。

ひとりでいくなら隠岐の島が一番気になるな。

与論島は一度行ったから友達と行きたい。

那智の滝も「わぁすごいねえ」を気持ちをシェアしたいから友達と行きたい。

 

 

6.物件の内覧予約した

 

まずはとりあえずね。

お金と場所については後で考えよう。

 

 

そんな感じです。

あ、すっごい正直な気持ちを書くと

一人ではもういろいろやってきたからそろそろ心を許したいと思う誰かに頼りたい笑 身を委ねたい笑 サポートがしたい

無印のビーズクッションに、ふぁ〜と全身の力を抜いて

ぼふっ!!!!と倒れ込む感じ笑 自分の足でも立てるけど、ぜーんぶ身を委ねてみてもイイでしょ?、みたいな。

まあでももうすぐそんな風になるんじゃないかとも思います。

引っ越してからかなあ〜。ひっこし決めながらがいいんだけどなー。。

でももう決めたから何か動くかな。

 

f:id:hanamy:20160930070915j:plain

f:id:hanamy:20160930070930j:plain

f:id:hanamy:20160930070944j:plain

f:id:hanamy:20160930071007j:plain

やあ、こんにちは。

何を経験したかが全てじゃないんだ。

成し遂げてきたかの数、たくさんできた人間関係の数。経験してきたことの数が全てじゃない。

 

経験してことでそのとき自分が何を感じたか、

どう考えるか。

いろいろと感じた上で

さて、では自分はどっちに行こうと決めるか。

それが全てだ。

 

そうしたら、全く違う経験しているものどおしでもやがて高みのある位置で「やあ、こんにちは。」といろんなひとたちにまた出会う。

「また会えたね。そちらの具合はどうですか?」もあるだろう。

 

それの繰り返しだ。

 

なんだか自分の辿ってきた道に自信がふわっと湧いてきたことに今、気づいた。

そこに気づかせてくれるありがたい再会でした。